日記一覧 | 宮崎県都城市周辺の不動産をお探しなら株式会社クラス不動産にお任せ下さい。

都城市不動産 賃貸 売買

0986-24-9163

営業時間|9時~18時 定休日|水曜日

日記

おはようございます!

今日は「マルチハビテーション」です。

住居を複数化した居住スタイルを言います。

都心と田舎との両方を居住地とする住生活が一般的です。

セカンドハウスはそのための住宅としても利用される場合もあります。

簡単に言えば、2つの移住空間を行き来する感じです。

 

投稿日:2017/02/04    投稿者:-

こんにちは。

 

今回は旗竿地です。

 

袋地から延びる細い敷地で道路(公道)に接するような土地をいいます。

 

 

その形が竿のついた旗に似ていることから旗竿地と称されます。

 



建築基準法では、建物の敷地について、道路に接する間口が2m以上なければならないとされていますが、旗竿地は、その基準を最低限度で満たす土地です。

 

公道からのアクセスの不便さ、周囲すべてを隣地に囲まれているという敷地環境、比較的低い地価水準などが特徴とされます。

 

住む環境としては静かになるので、好む方もいらっしゃいます。

投稿日:2017/02/03    投稿者:野口 亮史

こんにちは。

 

今回は表示規約です。

 

不動産の広告に関する不動産業界の約束事であり、政府(公正取引委員会)が正式に認定したものを「不動産の表示に関する公正競争規約」といいます。

 

 

不動産業界では一般的に「表示規約」または「広告規約」と呼んでいます。

 

 


この表示規約が最初に作られたのは1963(昭和38)年のことであり、その後、10回以上も改正されて、不動産の広告に関する最も詳細な規制として、不動産会社に広く遵守されています。

 



この表示規約の改正作業や、表示規約に違反した不動産会社への警告などを行なっているのは、全国各地に設立されている「不動産公正取引協議会」です。

投稿日:2017/02/02    投稿者:吉田 健太

こんにちは。

 

今回はPREです。

 

Public Real Estateの略で、「公的不動産」をいいます。

地方公共団体等が保有する各種の不動産に着目して、その管理・活用を合理的なものにすべきという認識を背景にしてつくられた用語です。


地方財政を運営する視点から、遊休・未利用の不動産の活用、非効率な不動産利用の見直しなどの取組みがなされているが、そのような取組みを「PRE戦略」ということもあります。

 



しかしながら、地方公共団体等が保有する不動産は、企業不動産(CRE)とは違い、公共・公益目的のために利用しなければならないと考えられることから、その活用についてはより慎重で幅広い検討が必要です。

 

主に公売で入札方式が多いですね。

投稿日:2017/01/31    投稿者:嶺石 晃輔

こんにちは、今日は暖かいですね。

今日は「水害保険」です。

洪水、高潮、土砂崩れなどの水害による被災損失に対して補償する損害保険です。

火災保険の補償対象に含める形で設定されていて、例えば、「住宅総合保険」「オールリスクタイプの火災保険」などは水害も補償対象となっているが、「住宅火災保険」には水害に対する補償はないです。
保険補償額は、全損であっても保険金額の7割を限度とし、床上浸水による一部損ではその被害の状況に応じて支払限度額が定められているのが一般的です。

なお、マンションの上層階では一般に水害保険は不要であるし、浸水が予想される地域では水害リスクが高いなど、保険の加入について選択が働きやすいこと、洪水等がいったん起きれば広い範囲で被災することから、水害保険の設計には難しい要素を伴うとされています。

詳しく調べてから保険加入しましょう。

投稿日:2017/01/30    投稿者:浜崎 稔弘